スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統芸能の薪御能=奈良〔地域〕(時事通信)

 全国の野外能の起源とされる薪御能が11日から、奈良市の春日大社などで開かれ、12日夕方から行われた「南大門の儀」には、延べ約2000人の観客が詰めかけた。
 薪御能は平安時代の869年、興福寺の法要である修二会で行われた薪猿楽が始まりとされる。明治時代からは中断していたが、1952年に復興。1991年には奈良市の無形民俗文化財の指定を受けている。
 舞台上では、観世、金春、宝生、金剛の能楽四座が競演。午後6時半すぎに薪の火をともした後には、釈迦(しゃか)の骨を韋駄天(いだてん)が取り返す様子を表した「舎利」などが演じられた。
 例年、興福寺南大門跡で開催している「南大門の儀」だが、今年は南大門跡の復元調査などのため、県庁前の登大路園地に場所を変更して開催された。 

<訃報>八角道夫さん86歳=元新和海運社長(毎日新聞)
<津波ハザードマップ>沿岸自治体の半数、未策定(毎日新聞)
<女子高ボクシング部>でも「殴り合いはイヤ」!? 高校総体に初参加(毎日新聞)
東京の居酒屋で農薬検出…近くの畑から流入?(読売新聞)
諫早干拓地堤防開門 地元対策怠り迷走 結論ありき、普天間酷似(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いわおかあきおさん

Author:いわおかあきおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。